ソニーのブルーレイディスクレコーダーBDZ-ZT2000を購入。気になる価格は?

   2016/05/15

ソニーのブルーレイディスクレコーダーBDZ-ZT2000を購入。気になる価格は?

購入機種は

今回、ブルーレイディスクレコーダーを購入することにしました。
機種選定のポイントは以下です。

  • テレビがソニーのブラビア(KD-55X9200B)なので、新しいレコーダーもソニーにしようかな。
  • 今まで使ってた、シャープのBD-T510が、3チューナー・HDD500GBというレコーダーだったので、新しいレコーダーもこのくらいにしようかな。

 
これらのポイントに合うのが、ソニーのBDZ-ZTシリーズです。
このシリーズには、BDZ-ZT2000とBDZ-ZT1000がありますが、違いはHDDのサイズ。2000は2TB、1000は1TBとなります。
 
価格差的に大きな差は無かったので、BDZ-ZT2000を購入しました。
 

前モデルと違いは

いくつかの家電量販店を廻って、それぞれのお店で前モデルとの違いを聞いてみました。
その結果、どうやら、前モデルから大きく機能が変わっているわけではないようです。
逆に、いくつかの機能が無くなっているとのこと。例えば「もくじジャンプ」機能がなくなっているとのことは、いくつかのお店で言ってました。
 
BDZ-ZTシリーズが前モデルから違う点は以下とのことです。

  • 操作性が向上(リモコンの改善、画面操作の改善)
  • 視認性の向上(番組表や録画リストが見やすくなった)
  • 4Kブラビアモード搭載(4Kブラビアと組み合わせた時に、4Kブラビアに最適な映像を出力)

 

4Kブラビアモードの良さは分かりにくい

家に帰って、4KブラビアとBDZ-ZT2000を接続し、ブルーレイディスクを20秒ほど再生してみました。
しかし、素人の目で、極短時間の視聴の場合、4KブラビアとシャープBD-T510の組み合わせで観た場合と比べて、BDZ-ZT2000の4Kブラビアモードが目を見張るほど綺麗かと言えば、そんなことはありませんでした。
 
ブラビア以外の4KテレビとBDZ-ZT2000を組み合わせた場合の映像も観てみたいものですが、我が家にはブラビア以外の4Kテレビは有りませんし、家電量販店の店頭でも、そんな組み合わせでの再生は行ってなかったので、残念ながら見比べることはできません。
 

気になる価格は

参考までに、今回の購入価格を記録しておきます。
今回、ヤマダ電機で購入しましたが、4月30日に購入した時の最終的は金額とヤマダポイントは以下となりました。

  • 価格:72,600円(税込)
  • ヤマダポイント:期間限定ポイント2000ポイント、通常ポイント2000ポイント

他の家電量販店で、HDMIケーブルも付けてくれたことを伝えると、通常ポイントを2000ポイント付けてくれました(逆に、HDMIケーブルのことを伝えなければ、通常ポイントは付かないところでした)。
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*