オラクルのデータベース接続時のエラー(ORA-12514やORA-12505)の対処方法

   2015/07/03

オラクルのデータベース接続時のエラー(ORA-12514やORA-12505)の対処方法

備忘録

初めてオラクルのデータベースに触る機会がありましたが、初日にはデータベースに接続できていたのに、2日目になったら接続できないという現象が発生しました。
データベース初心者なので焦りました。
その時の対処方法を備忘録として残しておきたいと思います。
 
■現象
 ●SQL*Plusでデータベースに接続できない
  初日と同じように以下のようなコマンドを入力しても、
  エラーメッセージが表示されてデータベースに接続できなくなりました。

    C:\>sqlplus uid/pw@dbname
    
    SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 木 7月 2 10:33:33 2015
    
    Copyright (c) 1982, 2010, Oracle.  All rights reserved.
    
    ERROR:
    ORA-12514: TNS:
    リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません
    
    
    ユーザー名を入力してください:

 
 ●SQL Developerでデータベースに接続できない
  こちらも初日と同じように接続しようとしても、
  エラーメッセージが表示されてデータベースに接続できなくなりました。

    リクエストされた操作の実行中にエラーが発生しました:
    
    Listener refused the connection with the following error:
    ORA-12505, TNS:listener dose not currently know of SID
    given in connect descriptor
    
    ベンダー・コード12505

 
■対処
 ●サービスを起動する
  単にサービスが起動していなかったためのようです。
  以下の手順でサービスを起動したら接続できるようになりました。

  1. Administration Assistant for Windowsを起動する。
  2. 左側ペインを Oracle Managed Objects -> Computers -> [コンピュータ名] -> データベース -> [データベース名] と辿る。
  3. [データベース名]を右クリックし、コンテキストメニューから「サービスの起動」を選択する。

  サービス起動してから、少し待ってSQL*Plusで接続してみると接続できるはずです。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*