iPhoneケースをD-TECHに変更した

 

iPhoneケースをD-TECHに変更したこれまで使ってきたiPhoneのケースが壊れ始めたので、これを機に、D-TECHシリーズのiPhoneケースに変更しました。

これまで

iPhone4を購入して以来、「Griffin Reveal Etch iPhone 4」というケースを使い続けてきました。
しかし、最近、縁の部分が壊れ始めました。こんな感じです。

このままでもまだまだ使えますが、iPhone5への変更を見送ることに決めたこともあり、ここら辺で心機一転する意味で、ケースを変えることにしました。

新しいケースを購入

ということで、iPhoneケースを新しくしました。
D-TECHというシリーズで、ディズニーキャラクターなどがプリントされたケースです。

今回購入したのはこれです。

ミッキーが口笛を吹きながら蒸気船を操縦しているという、おなじみの1コマです。
口笛を吹いているミッキーの顔が、なかなかかわいらしいですね♪

変えてみて

・スリープボタンが押しにくい
Reveal Etchは、縁の部分も覆うようなカバーで、縁の部分にあるボタン類のところは、突起していました。そのため、ボタンが押しやすかったんです。

しかし、D-TECHは、縁がこんな感じになっています。

ボタンの高さよりもケースの厚さのほうが厚いので、誤押下がない代わりに、押しやすさも低下しました。

・縁がゴム製ではないので滑りやすい
Reveal Etchは縁を覆う部分がゴム素材だったため、iPhoneが滑りにくかったんです。
しかし、D-TECHは、すべてがプラスチック素材のため、ゴムに比べて滑りやすいです。

・指先だけではどちらの面なのかわからない
Reveal Etchは、背面部分がザラザラしてたので、iPhoneをポケットに入れていても、指先で触ると、画面がどちらに向いているか分かったのですが、D-TECHはツルツルなので指先だけでは分からないです。まぁ、分からなくても問題は無いですが。

・これまでよりもiPhoneが小さく感じる
D-TECHを装着している時の方が、iPhoneの厚さが薄く感じるので、小さくなったような感覚があります。なんか、スッキリしてイイ感じです。

それにしても、カバーを変えると、気分が一新されて、いいもんですね。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください