【観た】ドラゴン・タトゥーの女

 

【観た】ドラゴン・タトゥーの女【監督】
デヴィッド・フィンチャー

【主な出演者】
ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストファー・プラマー

【イントロ】
それは、40年前に失踪した少女の捜索依頼から始まった。
スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながら名誉毀損裁判で敗訴したミカエルは意気消沈の日々を送っていた。ある日、彼のもとにスウェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族史編集の依頼舞い込む。
実はヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。
(公式サイトより)

こうゆう、謎な事件を追うっていう作品好きです。
ただ、動物惨殺シーンがあったりレイプシーンがあったりと、ちょっと過激なシーンもあったので、これから観る人は要注意。
劇中で、Macをバリバリ使ってるシーンあるんですが、あれ見るとMac欲しくなりますねw
そして、最後は少し切ないです…。

参考


ドラゴン・タトゥーの女 [Blu-ray]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*