Tera Term単独でもSCPによるファイル転送ができることを知った

 

Tera Term単独でもSCPによるファイル転送ができることを知った

備考録

今までは、WinSCPというソフトを使って転送を行っていたのですが、Tera Term単独でもSCPによるファイル転送ができることを知ったので、メモしておきます。

SCPとは、ITproのセキュリティ用語辞典によると「SSHのプロトコルを使用した,ローカル・ホストとリモート・ホストの間でファイルをコピーするためのコマンド」だそうです。
例えば、WindowsパソコンからLinuxサーバーにファイルを転送する時に使ったりします。

Tera Termを使って、クライアントからサーバーにSCPによるファイル転送する時の手順は簡単です。
Windowsのエクスプローラーでファイルをドラッグして、そのファイルをTera Termのウィンドウにドロップするだけ。すると、ログインしているユーザーのホームディレクトリ(例えば、/home/usernameの直下)にファイルが転送されます。

また、Tera Termの、[ファイル]メニューの[SSH SCP…]コマンドからも、ファイルをサーバーに転送することができます。この場合、[ファイル]メニューの[SSH SCP…]コマンドを選択し、表示された画面の上側のFromに情報を入力して、[Send]ボタンを押します。

サーバーからクライアントにファイルを転送する時は、[ファイル]メニューの[SSH SCP…]コマンドを選択し、表示された画面の下側のFromとToに情報を入力して、[Receive]ボタンを押します。

WinSCPをインストールするまでもないような、少数のファイル転送であれば、Tera Termの機能だけでも大丈夫そうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください