【観た】ヒューゴの不思議な発明

   2012/11/14

【観た】ヒューゴの不思議な発明【監督】
マーティン・スコセッシ

【主な出演者】
エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ/ベン・キングズレー

【イントロ】
1930年代のフランス、パリ。父を火事で失ったヒューゴは駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。ひとりぼっちのヒューゴの唯一の友達は、亡き父が遺した壊れたままの”機械人形”。その秘密を探るうちに、ヒューゴは機械人形の修理に必要な<ハート型の鍵>を持った少女イザベルと、過去の夢を捨ててしまった老人ジョルジュに出逢う。
(公式サイトより)

好きです、こういう作品。
時計台に隠れ住むなんて秘密基地に住んでるみたい。子供の頃にそういうのに憧れたなぁ、機械人形を動かすなんてのも子供の頃に憧れた気がするなぁ。ヒューゴの場合は臨んでそういう生活を選んだわけじゃないけどね。
内容的にもイイ感じでした。
もう一度書きます、好きです、こういう作品。

参考


ヒューゴの不思議な発明 (Amazon)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*