スマートフォン用車載キットを使って、iPhoneを簡易ドライブレコーダーとして使用

   2015/05/17

スマートフォン用車載キットを使って、iPhoneを簡易ドライブレコーダーとして使用以前、メイン端末から外れたiPhone4の使い途としてドライブレコーダーとして使う方法について少し書きましたが、今回はその後についてです。
 

スマートフォン用車載キットを用意

iPhone4とDriveCamで簡易的なドライブレコーダーを実現するためには、車の走行中にiPhone4を固定させておかなければいけません。
先日、ドン・キホーテに行ったところ、スマートフォン用の車載キットが売ってました。高いものから安いものまでイロイロ売られていたのですが、今回は下の写真のものを購入しました。お値段は1200円程度です。
holder
 
車体と車載キットは吸盤で固定します。その吸盤は平面上には固定できるようなのですが、ザラザラしたダッシュボードでは固定できません。そこで、付属の平面状のゲルをダッシュボードに張り付け、そのゲルの上に吸盤で固定します。
holder
holder
うちの車もゲルを使うことで、車載キットを固定することができました。しかし、真夏の高温の車内で、このゲルがどうなってしまうのか少し心配です(溶けだしたりしないのだろうか。。。)。
 
車載キットが固定できたら、ホルダーにスマートフォンを設置します。
アーム部分は角度が変えられますし、ホルダー部分は縦横回転できるので、好きな位置にスマートフォンを固定することができます。
DriveCamは横向きで使用するアプリなので、iPhone4を横向きにします。
 

簡易ドライブレコーダーとして使用して分かったこと

車載キットにiPhone4を設置して、実際に録画してみました。

道路がデコボコしているとiPhone4が揺れるので映像も揺れていますが、ちょっとしたデコボコなのに大きく揺れるというようなことはなく、デコボコ相応の揺れ方だと思います。
悪路の場合はかなり揺れますし、ちょっとしたデコボコならちょっと揺れるという感じです。
 
録画時間ですが、100%充電の状態から使い始めて、2時間15分程度録画したところで電池切れになってしまいました。
電池の劣化具合、通信状態や端末画面輝度など様々な要因があると思うので録画時間は参考値です。
 
録画を終えてiPhone4を手に取ってみましたが、かなり熱かったです。もちろん、持てない程ではありませんが、思ったより熱いなという印象です。
夏場に使用する場合は、ちょこちょこ様子を見ながら使ったほうが無難な気がしました。
 

参考


 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください