映画作品の管理をEvernoteからFilmarksに切り替えました

   2013/07/09

映画作品の管理をEvernoteからFilmarksに切り替えました

これまでの、観たい映画の記録方法

これまで、観たい映画・DVDや観た映画・DVDを、忘れないようにするために、Evernoteで記録していました。
例えば、下のような感じです。
みたい映画・DVDリスト(Evernote)
Evernoteのチェックボックスは使わずに、観たい作品には□記号を付け、観た作品には■記号を付けていました。
さらに、観た作品の概要や簡単な感想などは、ブログの記事として記録してきました。

Filemarksとは

少し前に、あるサイトの、iPhoneアプリの紹介記事一覧を見ていたところ、面白そうなアプリが目につきました。
それがFilmarksです。
Filmarksは、観たい映画をチェックしたり観た映画の感想を書いてシェアできたりするソーシャル映画レビューサービスです。

Filmarksでは観たい作品をチェック(FilmarksではClipといいます)したり、観た作品もチェック(FilmarksではMarkといいます)してレビュー記事や点数を付けて記録していきます。レビュー記事や点数は任意入力なので、それらを入力しなくても観た作品を記録することはできます。
 
Evernoteでの管理でも不自由は感じてなかったのですが、Filmarksを使ってみて良いと思った点は以下です。

  • 他人がチェックした内容から気づきを得られる
    Filmarksはユーザーのフォローシステムがあります。他ユーザーをフォローすると、自分のタイムラインにフォロアがClipやMarkした作品が表示されます。なので、タイムラインを眺めていると、自分も観たいと思える作品に出会える可能性があります。

  • 作品名と一緒に、パッケージのイメージが見られる
    Evernoteは画像を貼り付けられるので、作品名と一緒にイメージも手動で貼り付ければ、Filmarksと同じことができますが、イメージを手に入れてEvernoteに貼り付けるというのは、結構手間がかかります。Filmarksなら作品名で検索するとイメージも一緒に表示されるので、作品名とイメージがすぐに一緒に見られます。

  • 作品名とレビュー記事を一元管理できる
    自分の場合は、相変わらず、ブログに一言感想を書いていこうと思ってますが、人によってはMarkと同時にレビュー記事が書けるのを便利だと感じられると思います(レビュー記事がフォロアや作品検索してきた方達への情報提供にもなりますし)。また、レビュー記事にネタバレ事項を書く時には、「ネタバレ」マークを付けることができるのも良いですね。

 
あと、作品は割と頻繁に追加されているようです。自分が観た・観たい作品が検索しても見つからない場合は、運営にリクエストすると追加されるようです。
 
また、Filmarksはwebサイトもあるので、PCのwebブラウザからアプリと同様のことができます。状況に応じて、アプリから更新、PCから更新が使い分けられるのも便利です(これはEvernoteでも同じですが)。
 
いろいろと便利さを感じられるFilmarksなので、これからは映画作品の管理をFilmarksで行っていこうと思います。

参考

Filemarks(PC版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください