ジャンプbookストアを使ってみた

   2013/02/07

ジャンプbookストアを使ってみたちょっと気が向いたので、ジャンプbookストアというアプリをインストールしてみました。

ジャンプbookストアをインストール

iOS版のジャンプbookストアというアプリで、ジャンプ掲載作品のコミックが購入できることは知ってたのですが、最初は全く興味が湧かなかったのでインストールしてませんでした。
先日、Android版のジャンプbookストアも公開されたという記事を目にしたのをキッカケに、ちょっとインストールしてみようかという気になったので、iPadにインストールしてみました。

価格

アプリ自体は無料でインストールできます。アプリ内で作品を購入する時に支払いが発生するということのようです。
アプリでコミックスを購入すると、コミックの1巻あたり350円もしくは450円という値段のようですね。
例えば、ONE PIECEやNARUTO等は350円、ジョジョは450円という感じです。
本屋でコミックスを購入すると400円(税抜き)程度なので、少~し安いでしょうかね。

作品

全ての作品が購入できるわけではなさそうです。
2013/01/24現在、スラムダンクは作品一覧に記載されていませんでした。
最近の人気作品は割と購入できるようです。

作品一覧を見てると「こんなマンガあったな~」という想いに浸ることができますね。
個人的には「みどりのマキバオー」は好きでアニメも見てたので、もう一度コミックスで読み返したい気になりました。

立読み機能

このアプリには、立読み機能という、すばらしい(そして、危険なw)機能があります。
コミックスの各巻の1話目が無料で読めるんです。

マキバオーは、8巻まで販売しているので、飛び飛びで8話分が読めるわけですね。
この機能を使って立ち読みしていると、続きが気になってついつい「コミックスを買ってしまおうか」という気になってしまい、読者にとってはとても危険な機能ですね。

表示

iPadという大きい画面で見ていると、少々画質が悪い気がします。が、自分としては、マンガにそこまでの品質を求めてないので、気になるほどではないですが。
ちなみに、iPhone4にもインストールして、立読みで1話読んでみました。iPadの時に比べると絵はきれいです。が、セリフが小さくなってしまうので読みにくいですね。iPad miniは持ってないので表示を試せませんが、もしかしたらiPad miniくらいが、ちょうどいいのかもしれません。

それから、各ページの表示方法はこれから改善してほしいなって思います。何を改善してほしいかっていうと、このアプリでは各ページを1ページ1画面で表示してくんですね。見開き2ページを使って、どどーんと書いてあるようなページを繋げてみることができないんです。これって、作者の意図を正確に表示できてないってことですよね。作者は2ページを使ってでも迫力ある絵にしたいと思っても、それを読み手側に伝えられないんですから。なので、是非とも改善してほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*