1Passwordが新UIで登場。でも、従来の1Passwordとは別アプリなのよ

   2014/03/04

1Passwordが新UIで登場。でも、従来の1Passwordとは別アプリなのよ

1Passwordって

パスワードを管理するアプリとして、PCとiPhoneで1Passwordを使っています。
すでに説明の必要はないかもしれませんが、1Passwordは各種のパスワードを記憶しておくことができるアプリで、マスターパスワードと呼ばれているパスワードを1つだけ人間の頭で覚えておけば、他のパスワードは全て1Passwordが覚えていてくれます。

世の中には、いろいろなwebサービスが存在していて、それらのwebサービスを使うためにはユーザIDとパスワードを使ってログイン(サインイン)する場合が多いですが、各webサービスで別々のパスワードを設定して、それらのパスワードも1つ1つ複雑なものにするとなると、自分の頭では覚えきれません。
そんな時にパスワード管理アプリにお任せしちゃえば楽チンですね。しかも、1Passwordは、複雑なパスワードを生成する機能も持っているので、パスワード文字列を自分で考えなくてもよいので、さらに楽ができます。

1Password自体は、パスワードだけでなく、クレジットカード番号やソフトウェアのライセンスキーなど、いろんな情報を記憶しておくことができるのですが、自分としては各種のパスワードだけ記憶させています。

iPad用1Passwordの購入は躊躇してた

これまでのiOS用の1Passwordって、ユニバーサルアプリではなかったので、iPhoneとiPadの両方で利用したい場合、1Password for iPhoneと1Password for iPadの2つのアプリを購入する必要がありました。
しかも、それぞれのアプリが、それほど安価ではないと(500円以上のアプリは安価ではないという印象を持ってます)。
2012年の春にiPadを購入して、そのiPadにも1Passwordをインストールしたかったのですが、1Passwordが便利なのは分かっていても1,400円という値段のために購入を躊躇してました。でも、いつかは購入しようと、漠然と思っていました。

1Passwordが新しくなったと聞いて

今回、1PasswordのUIが新しくなり、さらに、ユニバーサルアプリになったとの記事を読みました(参考:人気のパスワード管理アプリ『1Password』iOS版が新UIでリリース)。

これまでのUIでも使いにくいと思ったことはないですが、新しくなったUIがどんなものが興味ありますね。でも、それよりも、ユニバーサルアプリになったのが嬉しいです。
ユニバーサルアプリということは1Passwordを1つ購入すると、iPhoneとiPadの両方で1Passwordが利用できるようになると。アプリ1つ分のお金が浮くと。

ただ、今回のUI変更・ユニバーサルアプリ化に伴い、これまでの1Passwordとは別のアプリとして登録されています。別アプリということは、これまで1Passwordを使用してきた人も、新しい1Passwordを利用したい場合は新たに購入し直す必要があります。このあたり微妙ですね、「同じ1Passwordなのに…」って思わなくもないです。
まぁ、自分としては、上に書いたように、iPad用にも欲しいと思ってたので、別アプリ化が大きな障壁にはなりませんが。

で、「いつか購入しようと」の、その「いつか」は今なのではないかと思うのです。
だって、今、1Passwordはセール中で、50%OFFの700円で購入できるのですから。単に「700円のアプリ」と聞くと安くはないですが、「1Passwordが700円」となると購入してもいい値段だと思ってます。
セール期間がいつまでかは分からないですが、欲しい人は早めに購入しておくのがいいと思います。

参考

1Password for iPhone – AgileBits Inc.

1Password for iPad – AgileBits Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*