CentOSで、定時にコマンドを実行させる

   2012/09/21

CentOSで、定時にコマンドを実行させるCentOSにおいて、定時にコマンドを実行させるには、
以下を行う。

crontabコマンドにて、ファイルを編集する。

書式
crontab [ -u user ] { -l | -r | -e }

引数
-l オプションは、現在の crontab を標準出力へ表示させる。

-r オプションは、現在の crontab を削除する。

-e オプションは、環境変数 VISUAL もしくは EDITOR で指定され
ているエディターを使って、現在の crontab を編集するのに使わ
れる。編集終了後、変更された crontab は自動的にインストール
される。

ファイル(-e オプションにより開いたファイル)の形式は、以下のとおり。
(* 部分は、左から「分」「時」「日」「月」「曜日」を示す)

* * * * * [実行コマンド]

例えば、22:15にマシンを自動電源OFFする方法は、以下のとおり。
1) 以下を実行($ はプロンプトを示す)
$ crontab -e
2) ファイルに以下を記述
15 22 * * * /sbin/shutdown -h now
3) ファイルを保存して終了

確認環境
CentOSのバージョン情報 : CentOS 5.6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください