【観た】本能寺ホテル

   2020/03/04

【観た】本能寺ホテル【監督】
鈴木雅之

【主なキャスト】
綾瀬はるか/堤真一/濱田岳/風間杜夫

【イントロ】
倉本繭子は勤めていた会社が倒産し、あてのない生活を送っていた。そんなある日、繭子はかねてから交際している吉岡恭一からプロポーズされ、流されるままに婚約する。
繭子は恭一の両親の金婚式の祝賀パーティーに出席するため一足先に京都を訪れる。しかし、予約していたホテルは手違いで泊まることができず、途方に暮れながら街をさまよった繭子は、路地裏にひっそりと佇む「本能寺ホテル」なるホテルに辿り着く。
(Wikipediaより)

ん〜、ああいう雰囲気の女性役を演じたら綾瀬はるかの右に出る人はなかなかいないですね。
濱田岳が森蘭丸ってのは違和感あったんですが、観ているうちに、あれはあれでアジがあっていいのかもと思うようになったです。
まずまず楽しめました〜。

参考


本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください