【観た】オブリビオン

   2019/06/19

【観た】オブリビオン【監督】
ジョセフ・コシンスキー

【主なキャスト】
トム・クルーズ/アンドレア・ライズボロー/オルガ・キュリレンコ

【イントロ】
荒廃した地球で、無人偵察機のメンテナンスをするジャック・ハーパー。数十年前、“スカヴ”と呼ばれるエイリアンの襲撃により地球は壊滅。人類は別の惑星へ移住を果たした。高度1000メートル上空に居を構え、地球の監視という職務を遂行していたジャックだったが、墜落した宇宙船で眠る美女を救出したことで、平穏な生活に変化が訪れる。
(Amazonより)

周りの風景とか映像がきれいでした。
それにしても、2077年という設定で乗り物やドローン、武器などが未来的なんですが、乗り物の操縦はペダルとレバーという現代的なんですね。その辺りは想像の域を出るのが難しいのか、ペダルやレバーが今後もベストな操作方法ということなのか。

参考


オブリビオン[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください