iPhoneでWi-Fiの完全オフをすばやく行う

   2019/06/15

iPhoneでWi-Fiの完全オフをすばやく行う

Wi-Fiを手軽に完全オフしたい

コントロールセンターからWi-Fiを一時的にオフにするのではなく完全にオフにしたい、しかも手軽に、ということで以下のサイトを参考にショートカットアプリを使用してウィジェットからオフするようにしました。

完全オフにならないiPhoneのWi-Fi、ショートカットで一発オフに

さらに手軽に

上のサイトに書かれているように、完全オフのアイコンをホーム画面に配置することで、さらに簡単に完全オフにすることもできます。
完全オフのアイコンを一旦ホーム画面に配置した後、そのアイコンをDockに移動させることで、ホーム画面のどこにいても1ステップでWi-Fiをオフにすることができます。
ただし、アイコンを配置する方法ですと、いちいちショートカットアプリの画面に切り替わるのが煩わしいです。その動作が許容できればアイコンのDock配置が一番すばやいと思います。

どのくらい手間が軽減されるのか

設定画面から完全オフにする場合とウィジェットから完全オフする場合で、どのくらいの手間がかかるかを比較してみます。
以下を前提条件とします。

  • ホーム画面(1枚目の画面)もしくは、Dockに設定アイコンが配置されている
  • ホーム画面(1枚目の画面)が表示されている状態

設定画面からの場合

  1. 設定アイコンをタップ
  2. Wi-Fi項目をタップ
  3. Wi-Fiをタップしてオフにする

ということで3ステップです。

ウィジェットからの場合

  1. ホーム画面の左にスワイプ
  2. Wi-Fi完全オフウィジェットをタップしてオフにする

ということで2ステップです。

効果としては1ステップの手間削減です。この削減を大きいとみると小さいとみるかによりますね。
あと、設定画面からの場合、画面表示までに若干時間を要する気がするので、その分の時間も短縮されるかと思います。
自分としては操作が慣れたこともあり、ウィジェットからの完全オフが気に入ってます。

参考


ショートカット – Apple

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください