LS Mini(スマートリモコン)とAmazon Echoでシーリングライトを操作

 

LS Mini(スマートリモコン)とAmazon Echoでシーリングライトを操作リビングのシーリングライトLS Miniに登録し、Amazon Echoからシーリングライトを操作してみました。

操作対象機器の概要

今回はリビングのシーリングライトを操作してみます。
そのシーリングライトは、PanasonicLGBZ1100というライトで、今から5年前に購入・取り付けたライトになります。
今では販売していない商品のようです。

LS Miniにデバイスを登録する

まずは対象のシーリングライトをLS Miniに登録します。
PanasonicLGBZ1100を登録する時の手順は以下となります。

  1. LiveSmartアプリの下部にあるアイコンの中から「デバイス」を選択します。
  2. デバイス一覧が表示されるので「手動でデバイスを追加する」を選択します。
  3. デバイスの種類から「ライト」を選択します。
  4. ライトの種類から「シーリングライト」を選択します。
    「スマート電球」は持ってないのですが、手に入ったら試してみたいところではあります。ただ、スマート電球であれば、それ自身がAmazon Echoに対応しているような気もしますけどね。
  5. メーカーから「Panasonic」を選択します。
  6. 機器の一覧から「ECONAVI LGBZxxxx series」を選択します。
    CH1、CH2、CH3は、シーリングライトの正規リモコンで、どのチャンネルを選択しているかによって変わってきます。
    正規リモコンのカバーを下にスライドさせると、チャンネルを選ぶスイッチが見えます。そのスイッチの位置に合わせて、「ECONAVI LGBZxxxx series CH1」or「ECONAVI LGBZxxxx series CH2」or「ECONAVI LGBZxxxx series CH3」のいずれかを選択します。
  7. 調光と調色を選択します。
    調光と調色の各レベルの最大段階を選択すれば良いようです。
    なお、デバイス登録が完了した後に設定することもできますので、ここではスキップしてもOKです。

  8. デバイスに名前を付けて、「完了」を選択します。
    今回は「リビングのライト」と付けてみました。
  9. ホーム画面で、デバイス追加できたことが確認できます。

Amazon Echoから操作するための準備

Amazon Echoではスマートホームスキルとカスタムスキルの両方に対応しています。
今回はスマートホームスキルで操作したいと思います。

Amazon Echoにデバイスを登録するには、事前に操作対象のデバイスをLS Miniに登録しておく必要があります。
なので、デバイスを登録した後に、以下の手順でAmazon Echoに登録します。

  1. AlexaアプリでLiveSmartスキルのインストール、有効化およびスキルのセットアップを行います。
  2. Amazon Echoに向かって「Alexa、デバイス検出して」と話しかけると、先ほど登録したシーリングライトが検出されて、Amazon EchoからシーリングライトのON/OFFが可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください