ReadyNASのファームウェアを手動でアップデート

   2017/08/18

ReadyNASのファームウェアを手動でアップデート

つまづいたこと

ReadyNASのログを久しぶりに見たところ、3月6日頃から以下のメッセージが出力されていました。

システム: ダウンロードに失敗したため、アンチウイルススキャナー定義ファイルのアップデートに失敗しました。インターネット接続を確認してください。

問題解消のためにファームウェアをアップデートしようと、ReadyNASの管理者ページにある「アップデートの確認」をクリックしましたが、ホスト名が解決できない旨のメッセージが表示されます。

さらに、時刻がズレていたのでNTPサーバを設定してみましたが、指定したURLが保存されないという状態でした。
 

解決策

ファームウェアをアップデートしたところ、上の3つの問題が解消されました。
ただし、管理者ページの「アップデートの確認」をクリックしてもアップデートできないため、手動でアップデートする必要があります。

手動アップデートの手順は以下のとおりです。
ここではファームウェア6.6.0から6.6.1へのアップデート手順を示します。

  1. 以下のサイトにダウンロードリンクがあるので、そこからデータをダウンロード
    ReadyNAS OS Ver. 6.6.1がリリースされました | ネットギア【NETGEAR】

  2. ダウンロードしたzipファイルを解凍
    → imgファイルが1ファイルとhtmlファイルが1ファイルの計2ファイルが展開されます。

  3. ReadyNASの管理者ページの、[システム] -> [設定] -> [アップデート] -> [ファームウェアの手動インストール] にある、「ファームウェアのインストール」をクリック
  4. ファイル名指定画面が表示されるので、先ほど展開したimgファイルを指定
    → 後は指示に従って進めていけばOKです。

ここでは6.6.1へのアップデートを例にしていますが、他のバージョンにアップデートするのであれば、ダウンロードページを変えれば大丈夫だと思われます。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*