【観た】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

   2017/09/01

【観た】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 
【監督】
ティム・バートン

【主なキャスト】
ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン

【イントロ】
舞台は19世紀の英国ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを――。
(Amazonより)
 
 
ミュージカル調と聞いていたので、ものすごく違和感あるかなと思ってたんですが、若干の違和感程度でした。
グロい感じが苦手なので、首を切るシーンはちょっと目を細めて薄目で見ちゃいます。
こういう話は大概がハッピーエンドにはならないので、最後のオチも少し予想できちゃいますね。
 

参考


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*