Dockerを使って、mattermostを構築する

   2017/03/18

Dockerを使って、mattermostを構築する職場でslackを使ってみたいと思い始めました。
しかし、slackは社外サービスとなるので、社外秘情報は載せられないという制約が付いてしまいます。
そこで、slackクローンである、mattermostを使ってみることにしました。
mattermostは自社のマシンにインストールして使用するので、社外秘情報が外部サーバーに送信されることがないのが安心できる点ですね。
今回は、試行のためということから、Dockerを使って構築することにしました。
 

Dockerを使ってmattermost環境を構築

mattermostを1からインストールするためには、それなりに手順を踏まないといけません。
インストールに四苦八苦した挙句、実際に使ってみたら自分の使い方には合わない、なんてことになったらインストールで苦労した時間が無駄になってしまいます。
そこで、まずはmattermostを動かすことを最優先に考えて環境構築を行いました。

動かすことを優先するなら、すでに有る環境を利用するのが近道!ということで、Dockerを使ってみました。
Dockerを使えば、数ステップでmattermostの起動まで辿り着けます。
手順はmattermostのサイトにある「Local Machine Setup using Docker」の手順に沿って構築しました。
 
ここまで出来れば、あとはホストOS側のブラウザからhttp://localhost:8065にアクセスするとmattermostの画面を見ることができます。
 

まとめ

上の構築作業を、Ubuntuで行いましたが、何の問題もなくmattermostが立ち上がりました。
すごく手軽に構築できて、とても便利です。
 
社内でslackを使ってみたいけど、外部サーバーに送られる情報に不安がある場合は、mattermostの使用を検討してみるのもいいと思います。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*