TOTOのトイレが調子悪くなった原因は洗浄剤が原因だった

   2016/11/01

TOTOのトイレが調子悪くなった原因は洗浄剤が原因だった

TOTOのトイレの調子が悪くなった

我が家のトイレはTOTOのウォシュレットで、壁に掛けたリモコンの流すボタンを押すと水が流れるタイプです。
TOTO Toilet
 
先日、流すボタンを押したのに、無反応な状況になってしまいました。リモコンの電池切れかと思い、電池を入れ替えても無反応。どのボタンを押しても反応しません。
便器本体側のコンセントを一旦外して挿し直して電源を再投入することでリモコンが効くようになりますが、またしばらくするとリモコンが効かなくなります。
また、電源再投入で復活した後、流すボタンを押すと水が流れるようになるのですが、流れる水量がいつもより多いです。この状態で何度も流すと水道代に影響が出るんじゃないかと思えるほどの水量です。
 
リモコン操作不能が何度も頻発し、電源再投入も面倒になってきたので、TOTOの人に診てもらうことにしました。
 
ちなみに、リモコンが効かなくなると、便座にある以下の4つの表示部が一斉に点滅します。
TOTO Toilet
 

不調の原因は洗浄剤でした

TOTOの人に診てもらったところ、不調の原因は洗浄剤でした。
洗浄剤というのは、以下のような手洗い場のところに置く洗浄剤です。例えば、花王の「流すだけで勝手にキレイ」や小林製薬の「液体ブルーレットおくだけ」と言ったものです。
TOTO Toilet
 
TOTOの人の話では、洗浄剤を流すと、水を貯めているタンク内にある水を流す弁の付近に洗浄剤のカスが溜まってしまい、そのカスのせいで不調になってしまうそうです。
そのため、洗浄剤を使いたい場合は、手洗い場に置くタイプではなく、便器内にスタンプするタイプの洗浄剤を使って欲しいとのことでした。
 
それにしても、トイレをキレイにするために使っていた洗浄剤のせいでトイレが不調になってしまうとは。。。
 
今回はTOTOの人にタンク内を洗浄してもらい、あとはしばらく使用してみて、様子を見ることになりました。
 

対応料金は結構高い

今回TOTOに対応してもらいましたが、その料金は以下です。

  • 基本料:1,600円
  • 洗浄料:1,600円
  • 訪問料:2,500円
  • 消費税: 456円

ということで、合計6,156円でした。
 
訪問料は基本料に含まれないんですね。トイレの状況を診る時に、ほとんどの場合は各家庭に訪問すると思うんですが。。。
それがわかってるから訪問料が高めに設定されているんでしょうか。。。
 
TOTOの人に診てもらってから10日ほど経ちますが、今のところ問題は再発していません。診てもらうのに意外と料金がかかるのでお気をつけください。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*