日産エクストレイル ハイブリッド(X-TRAIL 20X HYBRID DAA-HNT32)の、クラッチからの異音対策法

   2016/06/29

日産エクストレイル ハイブリッド(X-TRAIL 20X HYBRID DAA-HNT32)の、クラッチからの異音対策法先週、日産の担当営業さんから、異音対策が施された部品が出たとの連絡があったので、話を聞いてきました。
 

ミッションが新しくなるわけではない、だと?

今回の対策では、ミッション自体が新しいものになるとか、ミッションやクラッチの部品を新しいものに交換するとか、そういうわけではないそうです。
対策が施された部品が出たと聞いた時は、新しい部品に取り換えるんだと受け取ったのですが。。。
 
今回の異音の原因はクラッチは、モーターからエンジンに切り替わる時にクラッチがスベってしまい、それがキュッという音になっているそうですが、そのスベりを起こさせないように、ミッションと本体を繋ぐ部分に部品を噛ませるそうです。
 

対応には一週間強必要

エンジンやミッションを、車から一旦外して、追加部品をコンマ何ミリの単位で調整しながら追加して、その後、車のコンピューターに学習させるとのことで、車を預けてから戻ってくるまでに一週間強の時間が必要とのことでした。
また、その追加部品自体が、届くまでに、あと二週間程度かかるとのことでした。
 
追加する部品が届き次第、車を預けることにしましたが、異音が無くなるのは6月の最終週になりそうです。
 
[2016/07/26 追記]
異音対策してきました。
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*