日産エクストレイル ハイブリッド(X-TRAIL 20X HYBRID DAA-HNT32)でのEV走行のコツ

   2016/06/29

日産エクストレイル ハイブリッド(X-TRAIL 20X HYBRID DAA-HNT32)でのEV走行のコツエクストレイル ハイブリッドでEV走行(モーターによる電気走行)するためには、コツが必要と感じています。
停車状態から発車する時に、出だしだけはEV走行になりますが、その後すぐにエンジンに切り替わってしまいます。
燃費を稼ぐには、EV走行を多くする必要があると思われます。
EV走行のコツをまだ掴めていないのですが、ここまでで分かったことを記録しておきます。
 

高速道路走行時のコツ

例えば、高速道路を90km/hくらい走行している時の、エンジンの回転数は2000~2500回転くらいでした。
この状態でアクセルを緩めると回転数が下がります。正確な値ではないかもしれませんが、だいたい1000回転を下回るとEV走行に切り替わるようです。
EV走行に切り替わってから、1000回転を超えないくらいの力加減でアクセルを調整するとEV走行が持続します。
ただ、力を緩め過ぎると速度が下がってしまいますし、少しでも力を入れ過ぎるとEV走行が切れてしまうので、アクセルを踏む時の力加減が難しいです。
自分はこの力加減が極められず、すぐにEV走行が途切れてしまいます。
 

クルーズコントロールを使う

クルーズコントロール機能(クルコン)が備わっている場合、EV走行に移行した時に素早くクルコンを設定します。
道路の状態が安定していると、EV走行が持続します。
ただ、道路は緩やかな傾斜があったりするので、持続力は高くないような気がします。
 
 
ということで、ここまでで分かっていることは以上となります。
本当はもっと簡単にEV走行に切り替えて、それを持続させる方法があるのかもしれませんが、まだ見つけられていません。
何か分かれば、また記録していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください