BUFFALO LinkStation LS-WVLのファームウェアアップデート

   2015/07/10

BUFFALO LinkStation LS-WVLのファームウェアアップデート

備忘録

BUFFALOのNASNavigator2というユーティリティで、我が家のLinkStationを検索したところ、下のような画面になりました。
NASNavigator2 EMモードメッセージ
EMモードというのは、「復旧モード」の状態を示しているそうで、復旧モードの状態では、ファイルの読み書きなどができません。
このモードを解除するためには、ファームウェアのアップデートが必要ということなので、アップデートを行いました。
その時の情報をまとめておきます。
 
ファームウェアは以下からダウンロードしました。

 
ファームウェアのアップデートは以下の手順に沿って行いました。

 
留意事項は、以下のとおりです。

  • 我が家のLinkStationはBUFFALOの無線LANルータに有線で接続しています。一方、PCは無線で接続しています。
    この状態でファームウェアアップデートを試みたところ、アップデート用ソフトがエラーメッセージを表示してしまいアップデートが中断してしまいます。
    PCを有線で接続するとアップデートできるようになりました。

  • アップデートの最後に管理者用パスワードの入力を求められました。
    思い当たるパスワードをいくつも入力してみましたが、すべて弾かれてしまいました。
    仕方なく、パスワード入力画面をキャンセルしましたが、特に問題なくNASは使えています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*