iPhoneとDriveMate OnboardCamで簡易的なドライブレコーダーを実現

   2015/02/26

iPhoneとDriveMate OnboardCamで簡易的なドライブレコーダーを実現2014年にiPhone4からiPhone6に変更しましたが、iPhone4はまだまだ現役で使えると思っているので、家で使う以外に何か使い途はないか考えていました。
そこでふと思ったのです、iPhone4でドラレコができないかなと。
 

iPhoneで簡易ドラレコ

かなり前に、DriveMate OnboardCamというアプリをダウンロードしてました。当時は特に使い途も考えずに、無料だからダウンロードしておこうかなという感じでした。
ダウンロードして以降、一度もDriveMate OnboardCamを使ってなかったのですが、iPhone4でドラレコを行なおうと思ったことでやっと使い途が出来ました。
DriveMate OnboardCamについてですが、iPhoneのアプリにDriveMate Recというアプリがあり、そのDriveMate Recからドラレコ機能を切り出して作られたのがDriveMate OnboardCamです。
DriveMate OnboardCamの使い方は簡単です。

  1. アプリを起動するとボタンが4つ表示されます
  2. 左上のボタンを押すと録画画面が表示されます
    DriveMate OnboardCam

  3. Recボタンを押すと録画が開始されます
    DriveMate OnboardCam

ちなみに、音声記録有無も選択できますし、画質も640×480/480×360/192×144の3種から選択できます。
 

録画した映像の画質

気になるのは映像の画質です。
実際に撮影した映像が以下です。うちの車にはiPhoneを固定するものがないので、同乗者にiPhone4を手で持って固定してしてもらって撮影しています。
 
●昼間の映像

●夜間の映像

 
いかがでしょうか?
鮮明かと言われると、ハッキリとYesとは言えませんが、何かあった時には状況は分かりそうです。
例えば、以前”踏み切りで一旦停止しているのに警察に止められた”という人のことが一部で話題になっていましたが、この映像であれば一旦停止しているかどうかくらいは分かりそうです。
 
iPhone4をしばらくドラレコとして使ってみたいのですが、車載グッズって結構お高いんですよね。購入するかどうか悩みどころです。
 

参考


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください