[Mac初心者] Macbook Proのトラックパッドを使ってファイルのドラッグ&ドロップを行う方法

   2014/11/01

[Mac初心者] Macbook Proのトラックパッドを使ってファイルのドラッグ&ドロップを行う方法2014年1月からMacを使い始めました。Macを使ったことがある人にとっては当たり前のことでも、自分にとっては新鮮なことが多いです。
そんなわけで、自分がMacを使い始めて分かったこと、思ったことを記録していきます。
今回は、ファイルのドラッグ&ドロップのやり方についてです。
 
ファイルのドラッグ&ドロップの操作ですが、
Windowsのノートパソコンの場合、タッチバッドと左右ボタンが装備されていて、
ドラッグ…左ボタンでファイル選択、左ボタンを押したままタッチパッドをなぞる
ドロップ…左ボタンを離す
という方法で実現できます。
Macbook Proの場合、トラックバッドのみで個別のボタンが存在しないけど、ドラッグ&ドロップってどうやるんだろうと思いつつ、なんとなく
ドラッグ…トラックパッド(手前のボタンみたいにカクってなるところ)をクリックしてファイル選択、ファイル選択時の指はそのまま(クリックのまま)で別の指でトラックパッドをなぞる
ドロップ…ファイル選択時の指を離す
という感じで、Windowsノートのような操作を行ったところ、無事にドラッグ&ドロップが実現できました。
 
でも、これがMacでの正しいドラッグ&ドロップ方法なのか分からなかったので、ググってみたところ、以下のサイトでいくつかの方法が紹介されていました。
 【Mac】トラックパッドでドラッグをする方法を4種類ご紹介!
このサイトの情報によると、なんとなく試してみた方法は正しい方法の一つのようですね。
でも、せっかくトラックパッドでマルチタッチジェスチャーがサポートされているので、3本指でのドラッグ&ドロップっていうのがMacっぽい操作で憧れますね。
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください