ソニーのブラビアX9200B(KD-55X9200B)とSWF-BR100でライブ映像Blu-rayを見た

   2014/10/26

ソニーのブラビアX9200B(KD-55X9200B)とSWF-BR100でライブ映像Blu-rayを見た

サブウーファーが届いた

ブラビアX9200Bと一緒に購入したサブウーファーSWF-BR100が届きました。
SWF-BR100は、ブラビアと無線で接続するサブウーファーで、最大出力100Wです。
ワイヤレスなので置き場所は自由ですが、電源コードをコンセントに挿して使用するので、近くにコンセントが必要になります。
 
接続はとても簡単。

  1. まずは、SWF-BR100に付属してい音声ケーブルをブラビアの音声出力端子に接続
  2. 次に、SWF-BR100に付属しているUSBレシーバーをブラビアに接続
    ブラビアの後ろを見ると、USB差込み口がいくつかあります。
    USB
    レシーバーとブラビアの音声出力端子を音声コードで接続する必要があるのですが、音声出力端子と一番近いUSB差込み口にレシーバーを挿そうとすると、音声ケーブルの形状上、上手く挿せませんでした。
    レシーバー
    なので、少し遠い位置のUSB差込み口に挿しています。
    レシーバー

  3. SWF-BR100の電源コードをコンセントに挿し、電源を入れる

これだけです。あとは自動でワイヤレス接続してくれて、SWF-BR100から音が出ます。
 

ライブ映像を鑑賞

ライブBlu-rayを観てみました。
鑑賞作品は以下です。

  • BUMP OF CHICKENのライブBD「GOLD GLIDER TOUR 2012」

SWF-BR100を使った場合と使わなかった場合のそれぞれで見たのですが、使ってみると、もうね、思わずニヤニヤしちゃいます。SWF-BR100を購入して正解だったかも。
低音がハッキリと聞こえ、音に迫力が出ます(サブウーファーなので、それが当たり前なのですが)。SWF-BR100を一度使ってしまうと、使わなかった時の音がすごく物足りなく感じてしまいます。
ただ、”やっぱりライブ会場にいるのがいいよね”とも思ってしまいます。体の中にドンドン・ズンズンくる感覚までは味わえません。音量を上げていけばそういう感覚も味わえるのかもしれませんが、防音設備のない住宅ではそういうことも試せませんし。
 
 
SWF-BR100を使うことで音楽だけでなく、映画の音も迫力が増します(例えば、爆破シーンでは低い音のおかげで迫力がでます)。
音にこだわる人は、スピーカーの数を増やし、スピーカー自体にもこだわったり、配置なんかにもこだわって突き詰めていくと思うんですが、自分みたいに手軽にちょっと音に迫力出したいなんて人にとってはSWF-BR100は助かるオプションだと思いました。
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*