【観た】遊星からの物体X

   2014/09/03

【観た】遊星からの物体X【監督】
ジョン・カーペンター

【主なキャスト】
カート・ラッセル/ウィルフォード・ブリムリー/ドナルド・モファット/キース・デイヴィッド

【イントロ】
1982年の南極。ノルウェー隊のヘリが、1匹の犬を追ってアメリカ南極観測隊第4基地へ現れた。銃や手榴弾を使い執拗に犬を狙うが失敗し、手違いからヘリは爆発。一人生き残ったノルウェー隊員は基地内へ逃げた犬を追って銃撃を続け、基地の隊員を負傷させるが基地の隊長により射殺される。
ノルウェー隊は何を追っていたのか?真相を究明すべくノルウェー基地へ向かったヘリ操縦士のマクレディらが見つけたものは。
(Wikipediaより)
 
 
あのような状況であれば、誰でも疑心暗鬼になりますよね。冒頭からなぜ犬を追っているのか謎で、つい作品に引き込まれてしまいました。
グロい映像もあったけど、”The Thing”(字幕では”生きもの”と訳されてました)の形がちょっと笑えたりもしました。
SFホラー好きには楽しめる作品だと思います。
 

参考


遊星からの物体X [Blu-ray] (Amazon)
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください