【観た】GODZILLA

   2014/08/27

【観た】GODZILLA【監督】
ギャレス・エドワーズ

【主なキャスト】
アーロン・テイラー=ジョンソン/ブライアン・クランストン/エリザベス・オルセン/渡辺謙

【イントロ】
1999年、フィリピンの炭鉱を調査していた芹沢とグレアムらはそこで巨大な生物の化石を発見する。その化石には繭のようなものが寄生しておりそこから「何か」が誕生して海へと這い出た痕跡があった。同年、日本の雀路羅(じゃんじら)市にある原子力発電所に勤務するブロディ夫妻は近づきつつある謎の振動と電磁波を探知する。振動によって炉心が異常をきたしたため妻・サンドラは原子炉の調査へと向かうが直後、振動による事故で原発は暴走。夫・ジョーは妻の救出に向かうが間に合わずサンドラは死亡、その直後ジャンジラ原発が倒壊する。
(Wikipediaより)
 
 
首が太くてドッシリした体形は、以前のハリウッド版ゴジラとは全然違って、すごくかっこいいと感じました。ゴジラはこういう感じじゃなきゃと思わせてくれます。
ですが、段々と、ちょっとデブすぎないかとも思ってきました。体形のバランスって難しいですね。
あと、顔はまだ少し恐竜っぽさというか爬虫類っぽさが残っているような印象も受けました。

でも、楽しめる作品でした。次回作も決まっているようなので、次も期待したいです。
 

参考

 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*