4K対応テレビを店頭で見てきた

   2014/10/12

4K対応テレビを店頭で見てきた大きい画面のテレビが欲しいと思っている今日この頃。
我が家のテレビは32V型のテレビなのですが、最近レンタルBDを観ているともっと大きな画面のテレビで観たいなと思ったりします。
ということで、4K対応テレビを見るために家電量販店に行ってきました。
事前に、ソニー、パナソニック、東芝あたりがいいという話を聞いていたので、その3社のテレビを見てきたわけです。
 

店頭で画面を見ての感想

大画面が欲しいのですが、65V型は価格的にチョット手が出ない感じです。
そうなると、55V型前後の大きさになってきます。今回はそれくらいのサイズのテレビを見てきました。
 
ソニーはブラビアX9200Bを見ました。
鮮やかな色で、パッと見るとすごくきれいに見えます。赤や緑などとても鮮やかです。また、暗がりの映像でも何が映っているかちゃんと見えます。例えば、スタジアムの観客席で影が出来て暗くなっている部分でも観客席が見えます。
しかし、鮮やか過ぎて、映像によっては画面が白っぽく見える気がするのと、重厚感が薄まるのかなと思います。
 
パナソニックはビエラAX800Fを見ました。
自然な色使いな気がします。木の葉の緑や芝生の緑が濃い緑だったり、岩肌が肉眼で見たときの色に近い気がしました。
しかし、ブラビアとは逆に、映像の暗めの部分が見えにくいかなと思いますし、画面を見たときにパンチが効いていないという感じでしょうか。
 
東芝はレグザのZ9Xを見ました。
こちらもきれいですね。ただ、特筆すべきところがないという感じもしました。
 
3社いずれも絵がきれいで迷うところですね。
ソニーの鮮やかな色がいいのか、パナソニックの自然な色がいいのかというのは好みみよりますしね。
 

注意点?

大画面テレビに買い替える時の注意点と思われることを1つ。
テレビの幅が広いので、スペースを気にするかたが多いと思いますが、テレビ台についても注意が必要な場合があります。
ブラビアX9200Bの場合、テレビの両端にテレビを支えるための足が前後に出ています。以下の写真のような感じです(写真をクリックすると拡大表示されます)。
KD-55X9200B
ブラビアX9200Bは幅が約150cmあるので、テレビ台は最低でも幅150cmが必要となります。
我が家のテレビ台は100cmしかないので、これも新たに購入する必要があります。
[2014/08/08 訂正]
ブラビアの前後に出ている足ですが、両端だけでなく、少し内側に付けることが可能だそうです。
内側に付けた場合、足の外側から逆側の足の外側までが約60cmになります。なので、テレビ台は、
最低60cmあれば乗せることができそうです。

ビエラは中央で支えるタイプのようなのでテレビの幅がテレビ台を超えても問題なさそうに思いました。
ということで、購入するテレビと現行の環境によっては、テレビ台の買い換えも必要かもです。
 

8Kが控えているのに

4Kの後には8Kが控えているので、4Kを買うのは控えたほうがいいという考え方もあるようです。たしかに、自分もそう思ってました。
ですが、8K対応が出てくるのが2020年前後くらいらしいです。しかも、8Kの画質メリットを受けられるのは70V型以上のサイズとも言われています。8Kの70V型なんて当初は全く手が出せないような価格なんでしょうね。
そう考えると自分としては4Kを買うのも悪くないと思ってきました。
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください