CASIO G-SHOCK G-LIDE(GWX-5600C)を購入。赤い本体がかっこいい!

 

CASIO G-SHOCK G-LIDE(GWX-5600C)を購入。赤い本体がかっこいい!

腕時計買った

世の中には時計が溢れています。パソコンの画面にも表示されていますし、会社や家の壁にも時計があります。テレビ画面にも、Blu-rayレコーダーの表示パネルにも時刻が表示されています。携帯電話やスマートフォンにも時刻が表示されています。
それでも、2013年に腕時計を買ってみたところ、腕時計があると便利だと感じる時があることを知りました。
もちろん、腕時計がないと困るというわけではないので、無理に買う必要もないし、身につける必要もないのですが、あると少し便利になります。
 
そんなわけで、2013年に腕時計を購入してから、極たまに腕時計のショーケースを覗くようになりました。
以前はアナログの腕時計だったので、次に持つならデジタルにしようかな等と考えながら見ていると、ちょっと気になる腕時計を見つけました。
 
気になりだすと欲しくなってしまいます。ただ、自分にとってはお値段がちょっとお高めなので躊躇してしまう感じでした。
しかし、最近仕事が忙しすぎて気分が滅入っているので気分転換したいなとか、毎月のこづかいをコツコツ貯めててそこから払えそうな金額だなとか、自分なりに理由付けして思い切って購入してしまいました。
 

CASIO G-SHOCK G-LIDE GWX-5600C

購入したのは、CASIO G-SHOCK G-LIDE GWX-5600Cです。
こんな箱に入っています。
G-SHOCK

G-SHOCK
 
こんな感じで入っています。
G-SHOCK 
なにが気に入ったかって、この色!赤い本体がかっこいい!
エナメルっぽいつやつやした赤がいいんです。
でも、この光沢塗装は剥がれてしまうことがあるらしいです。
店員さんは、剥がれても下地が赤なので気にならないとは言ってましたが…。
 
そして、ソーラーセル搭載で光による充電もできるし、電波時計なので時刻の自動補正も行ってくれるし、不精な自分にはありがたい限りです。
 

付け心地や気になる点

結構いい感じです。重くないし、防水だし衝撃に強いから取り扱いで気をつかわないし。
ベルトも多少汗かいても今のところベタベタした感じもないですし。
 
気になる点としては、購入した時計の文字盤は黒地に白文字なんですが、ちょっと見にくいかなと思うときがあります。特に少し暗い場所で見るときに見にくいような気がします。ライトを点灯すれば問題ないですが、点灯しなくても見られれば良かったかなと。
あとは、上にも書いたように、光沢塗装が剥がれることがあるらしいのですが、今のところまだ大丈夫です。でも、いつ剥がれてしまうのかヒヤヒヤすることくらいですね。
 
社会人のいい大人が、G-SHOCKしかも赤かよ、って言う人もいるかと思いますが、結構いいもんですよ。
 

当ブログ内の関連記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください