心電図とエコーで精密検査してきました

   2013/06/29

心電図とエコーで精密検査してきました

会社で健康診断を受診した結果

5月に会社の健康診断を受診し、その結果が先日届きました。
結果、心電図で「要精密検査」となってしまいました。

息切れや胸の痛み等といった、自覚症状は全くないのですが、精密検査を受けろと言われてしまっては受けないわけにはいきませんね。
しかも、引っ掛かったのが心臓ですし。

精密検査のために病院に行った結果

本日、精密検査に行ってきました。と言っても、今日だけで終わりではなくて、明日の午前中まで小さい心電図を付けて過ごすわけです。

今日は、病院でエコー検査してきました。エコー検査を行ったことがあるかたは分かるかと思いますが、どんな感じで検査するかというと。

まず、ベッドの上に、体の左側を下にして横向きで寝ころびます。今回は、壁側に受かって寝ころんでいました。
その後、看護士さんがペンみたいなものの先にゼリーを付けて、そのペン先を心臓の周りで当てます。
いろんな角度で心臓をチェックしていたようですが、途中で大きく息を吐き、吐ききったところで息を止めるという動作を何度も何度もやらされます。

このエコー検査を小一時間行ってました。
その間、息を吸って吐いて止めるを行い、目はただただ壁を見ているだけという退屈な時間でした。

途中で、看護士さんが音を出したりしてたのですが、その音が「ペッコンッ、ペッコンッ」って感じの音で、あれが自分の心臓の音なのかなぁと。ドクンッ、ドクンッじゃなく、ペッコンッ、ペッコンッってのがちょっとおもしろかったです。

エコーの画面は背中側にあるので全く見えないのですが、内心、画面を見たくて見たくてたまりませんでした。
自分の内臓を見られるチャンスなんて、そうそうあるもんじゃないですもん。
思い切って「見せてください」と言ってみれば良かったなぁと、今、少し後悔してます。

エコー検査が終了すると、小さい心電図の機械を取り付けられました。
その機械を取り付けていても、お風呂に入ることができるそうです。シャワーもOKで、40度のお湯に10分以内ならお湯に浸かることもOKなんだそうです。
その機械は、テープみたいので体に付けるのですが、自分の肌は弱い方らしく、かぶれてしまいそうです。以前も、病院で医療用テープでガーゼを付けてもらったのですが、かぶれてしまい、ガーゼを外した後も数日間は痒みが治まりませんでした。今回もきっと同じようなことになるんだろうなぁと思うと憂鬱です。

んで、現在、こんな感じになってます。
心電図

取り付けてから、5時間くらい経ちますが、すでに痒いです。早く明日にならないかなぁ。。。

当ブログ内の関連記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

*